2005年08月23日

祈ります。

今日は亡きボン(マルチーズ、♂)の命日だったので、ボンが眠るペット霊園に行ってきました。

それほど暗い気持ちだったわけではなかったはずなのに、お墓にお供えされているお花や風車、飼い主さんのペットへの強い思い、メッセージを目にしたらやっぱり涙が溢れてしまってダメでした。

021118-001.jpg



ボンは17年も長生きをしてくれて、その間いっぱい楽しい思い出もあったはずなのに、今私がボンのことを思い出そうとすると、最初の出会いの時のかわいい子犬だったボンと、最後苦しそうに死んでいった時のボンしか思い出せないのです。
つまり、最初と最後だけなんです。
それはなぜなんだろう、なぜなんだろう・・・・とずっと考えていました。
でも答えは見つからず、やっぱり頭の中は最初と最後だけ。


学校から帰って来た私がボンと初めて会った時、ボンは白いフワフワした小さなぬいぐるみのようで、人見知りを一切せず家の中を元気に走り回っていて、ものすごくかわいくて感動して・・・
そして尻尾がとても細くて「ネズミの尻尾みたい!」と思ったことを今でも覚えています。


そして最後の瞬間は、なぜだか両親そろってほんの少し外出している間に起こってしまったんです。
なんの因果かわからないけど、ボンは私だけの目の前で「キャンキャン!」と苦しそうに泣いて逝ってしまった。
心臓の鼓動の音が少しずつ弱くなって最後消えていって動かなくなっちゃったんです。
その間の出来事は今までのどんなことよりも明確に覚えていて、思い出すのも辛いんだけど、でも思い出さずにはいられず、今日もその瞬間のことを思い出しながらお線香をあげてきました。



火葬した後、ボンの骨を霊園に納めるかそれとも家に連れて帰って庭にお墓を作るかすごく迷ったのですが、結局ペット霊園に納めてきました。
母は私の自由にしていいよ、と言ってくれたのですが、その反面母がかなりおかしくなっていたので、家に連れてきてしまったら母はますます立ち直れないだろうな、という思いでペット霊園に納めてきたのです。
「ペット霊園の方が他のワンコ達と遊べてボンも寂しくないよ」と私がいうと、「ボンはきっと他のワンコと上手に遊べないんじゃないのかな??」と答えるくらい母は落ち込んでいました。

このペット霊園はお花もいっぱい咲いていてとてもキレイで、ワンコ達が寂しくないように絶えず音楽が流れているんですよ!
今日もジャズが流れていました。


SA310028b.jpg

SA310035a.jpg


ボンは以前にも書きましたが、天国へ行く直前、心臓がかなり悪くなり息をするのも辛く夜も一睡もしないで苦しそうに呼吸をしていました。
病院の先生曰く、医学的にはもう生きてはいられないような病状なのに、もうちょっとだけもうちょっとだけ!と信じられないような奇跡でがんばって呼吸をしている、ということでした。
何日も眠らない苦しそうなボンの様子は、正直「安楽死」も考えてしまうくらいだったのですが、先生に励まされて「後悔の無いように」という思いで苦しそうなボンを一生懸命診ていました。


だから今祈るのは天国では痛みもなく苦しみもなく、元気に走り回っている白いボンでいてくれること。
痛みの無い世界で元気でいて欲しい。


なんとなくどんよりとした気持ちで帰宅したら、うっすらと涙を浮かべている母と、元気いっぱいのちょこたが私を迎えてくれました。
感傷的になっている私をちょこたが思いやってくれるわけもなく・・・
生きているものと死せるものの間で微妙に心が揺れ動いた今日の私です。


ボンに出会えてよかった。
ボン、たくさんたくさんありがとうね。
感謝しています。


そういう思いで、ちょこたとも日々生きていかないと。

「ちょこたには白いお兄ちゃんがいたんだよ」と心の中でつぶやいた。


ニックネーム るん at 00:53| Comment(13) | TrackBack(2) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事を読んでいて、私まで涙が出てしまったよ(^^;)
中学生のときに飼っていたトキ。車に轢かれて一晩苦しんで死んじゃった。
今もあの苦しんでいたときの鳴き声は忘れない。もう20年以上経っているのにね。

ペットを飼うということは、動物の死とも向き合って行かなきゃいけない。分かっちゃいることだし、それを覚悟で飼っているんだけど、どうしても感情では抑えきれない部分があるよね。

今日きっとボンくんはるんさんと一緒に帰ってお母さんにも会いに行ったかもしれないね。
もう少し、もう少し……って。ボンくんはきっとそれまでとっても幸せで、一日でも一秒でも長くるんさんちに居たかったんだろうね。

今じゃきっと元気いっぱい走り回っているよ(*^_^*)
Posted by ふうにゃ at 2005年08月23日 01:19
るん。さん、泣かないで!
ボンちゃんはきっと幸せだったから!!
優しい飼い主さんに可愛がってもらって、亡くなった後も素敵な霊園で安らかに眠れて。。ダメだ・・泣けてきちゃった・・。
やっぱりペットとの別れは辛いでしょうね。。
Posted by mama at 2005年08月23日 01:47
ボンちゃん綺麗なワンチャンですね!
凄いべっぴんサンだ!(´∀`)シロイフワフワ

命日だったんですね…。
にゃんぷ〜もお盆にトロ(猫)の命日でした。
命日って大事ですね…。
思い出すのは悲しいけど、
忘れてしまったら、もっともっと寂しいし…。
(ノ_;)
ボンちゃんの眠ってる霊園、お花沢山で素敵デス!
きっとボンちゃん、るんさんが来てくれて嬉しくて、
お花の辺りを元気に走り回ってますよ♪
Posted by にゃんぷ〜 at 2005年08月23日 06:44
愛するペットとの別れ・・・つらいですよね。
私も実家に猫5匹、犬1匹いたときは、楽しくて毎日、遊んで可愛がってきたけど、いざその瞬間に立ち会う時はもう言葉も出ないくらい悲しかったです。

るん。さんの気持ちすごく分かります。
そんなるん。さんだからこそ、ボンくんも「もう少し一緒に」ってがんばってたんじゃないかなあ。
ボンくんと心が通じてたんじゃないかな。

ふうにゃさんと同じで、ボンくんは「心配しないで!元気だよ!」って走り回ってますよ!
Posted by ファローママ at 2005年08月23日 06:51
ボンちゃん、17年も長生きしてくれたんですね。るんさん家族が大好きだったから、最後はとても苦しい日々だったみたいだけど、頑張れたんでしょうね。1日でもみんなの側にいたい!・・って。
単純に考えたら、私達もいずれ、今育ててる子を先に見送らなければいけません。今は考えたくないけど、その時が来たら、しっかり見てあげたいな〜って思ってます。私も子供の頃、まだ1歳足らずのワンコを病気で亡くしています。最期の直前まで、苦しんでて、その時は、恐くてどうしても見る事ができませんでした。今ではそれをとても後悔しています。
とてもきれいな霊園ですね!きっと、ボンちゃん、他のお友達と楽しく遊んでますよ!
Posted by やこ at 2005年08月23日 09:35
ボンちゃん、長生きしたんですね〜もうちょっともうちょっと・・きっとこれがるんさんに対しての感謝の気持ちだったのかもね〜〜
私もね・・ずっと先のことであって欲しいけど・・・霊園か自分ちか・・って考えたことがある・・今はお母さんよりの考えなんだ〜でもふと考えてる自分に怖くなって・・涙が出てくるよ・・ボンくんのように感謝されるように・・たくさん思い出作りたい・・・
ちょこたくんは白いお兄ちゃんに怒られたりしてたりして^^(絨毯噛むな!とか(笑
Posted by CBまま at 2005年08月23日 10:51
ぼんお兄ちゃん、長生きしたね。よく頑張ったよね。読んでいて涙が出てきちゃいました…

ぼんちゃん、少しでもるん。さんたちと長くいたくて、一生懸命呼吸していたんだろうね。
今はきっと楽しく他のわんこと遊んでると思います。

それにしてもとてもステキな霊園!!

動物と一緒にいたら、いつか来ることなんだけど、その時を頭の片隅で考えながら、でも一緒にいられる時間をめいっぱい楽しく過ごしたいよね。
Posted by ひな at 2005年08月23日 13:12
読み終えて涙が出ちゃいました・・・。
ボンちゃんはきっと、るん。さんちに来て
とってもとっても幸せだったと読んでいて思いました。
ボンちゃんは「虹の橋」できっと元気になって他のワンちゃん達と仲良くなってますよ。
る。さんがボンちゃんの事を思ってくれているだけできっと幸せなんだと思います。

Posted by ぴっけ at 2005年08月23日 20:34
★ふうにゃさんへ
そうですね。
最後のボンの苦しい悲鳴・・・
つい昨日のことのようですよ。
ふうにゃさんも同じような思いをしたことがあるのかな?

なんか私はかっこつけて「ありがとう」とか書いちゃったけど、本当は「ごめんね」という後悔ばかりなんですよ。
でも、ボンのお葬式の時に霊園のお坊さんみたいなおじさん?に、それではワンちゃんは天国に行けないと言われたのです。
それから無理やりにでも「ありがとう」と思うことにしています。
ふうにゃさんも「トキ」に「ありがとう」だね。


★mamaさんへ
mamaさん、ありがとう。
ありがとう。
mamaさんまで悲しい気持ちになっちゃったかな?
だいじょうぶかな??

本当にお別れは辛いです。
とても辛いのにまたちょこた飼っちゃった。
(>_<)
後悔が無いなんて無理なんだろうけど、でも少しでも後悔のないようにちょこたを可愛がっていきたち思います。


★にゃんぷーちゃんへ
そうかな?
ボン、お花の周りを走っていたのかな?
そう思うと楽しいね♪

そうだね。
思い出してあげることが供養なのかもしれない。
霊園行くと、飼い主さんの思いがすごく伝わってきて、本当にしんみりしてしまいます。
昨日も本当に真新しいお花やお線香がたくさんあってね。
悲しくなっちゃったーー。


★ファローママさんへ
ファローママさんも動物大好きだからたくさんの別れを経験しているんでしょうね。
仕方ないもんね。
私達と動物、同じように年を取っていけるといいのにね〜〜。
今日もそんなことを考えながら車の運転をしていましたヨ。


★やこさんへ
やこさん、子供のときに辛い経験をしていたんですね!
私は「死」と向き合うのは「ボン」が初めてでした。
やっぱりすごくショックだったのですが、同時に「命」についても深く考えさせられました。
一緒に生活していて、ワンコが年をとってくると「最後」のことを考えてはいても実際のこととなると気持ちの整理がつかなくて・・・
そんな時にちょこたがやってきたのですよぉ。


★CBままさんへ
そうですね〜〜
やっぱりペットを飼っていて、月日がたち強い絆で結ばれれば結ばれるほど、「もしこの子がいなくなったら」って考えてしまうものかもしれませんね。

ちょこた、白いおにいちゃんに怒られてるかな??ww
もっときつく叱ってくれ〜〜!w


★ひなさんへ
本当にこの霊園は素敵なんですよ〜。
でもその分、お金も高い。
_| ̄|○
うちは貧乏なので、必要最低限のことしかしていないけど、余裕のあるおうちでは土地を買ったり墓石を買ったりして立派ですよ。
(;・∀・)
「金よりも気持ちが大事!」と割り切っていますが。
(だってそうしないとキリがない!)

ひなさんもてぃぐちゃんとまた素敵な思いでを作ってきましたね!
第二弾の報告も待ってる!
早くデジカメの整理をするのじゃ!w


★ぴっけさんへ
ぴっけさん、ありがとう。
そうですね。
思い出すことが一番の供養ですね。
今日も母に、「昨日ボンはお母さんに会いにきた?」と聞いたら「昨日は来なかった」と寂しそうに言っていました。
亡くなった日にはボンは母に会いにきたらしいんですよ。
私もびっくりしたんだけど。
私のところには来なかった・・・。
(;_;)


Posted by るん。 at 2005年08月23日 21:17
お花がいっぱいで、本当にキレイな霊園。
ボン兄ちゃんもこれなら気持ちよく過ごせてると思う。
るん。さんが体験された、愛犬の最期の瞬間は
私も胸がつまってしまいました。
でも、辛く悲しい時間だけれども、その瞬間に一緒にいてあげられて、
自分の愛犬に置き換えて考えてみたら
どうか私もその瞬間はそばにいさせてほしいと
考えずにはいられませんでした。
るん。さんの、ボン兄ちゃんに対する愛情が十分ちょこた君に引き継がれてるんだなーって思います。
Posted by はな at 2005年08月24日 08:07
★はなさんへ
はなさん、ありがとう!

本当だね。
もし私の留守中にボンがいなくなっていたらそれはそれで後悔していたのかもしれない・・・・。
ただ、やっぱり一人で見送るのは辛かったなー。
うちの両親は外でラーメンか何か食べていたらしくて。
後で親子喧嘩になりました。
(;´д`)
Posted by るん。 at 2005年08月25日 00:26
胸が詰まって 涙があふれました。
我が家が三匹になったのも、息子たちが ハスキーの れき に対する私の入れ込みが強かったからです。

もしもの事が有ったら立ち直れないと思ったらしく、私の父の命日に生まれた シーズーの子を入れました。
この子はとてもおっとりした子で、女の子らしいワンコです。
これも何かの働きかけと思っています。で、今は三匹・・

 毎日が 追いかけられるようにして すごしています。
何しろ ハイパーな末娘がいますら。

きっとボンちゃんもちょこたくんとるんさん を見守っている事でしょう。
 合掌
Posted by ヨーコ at 2005年08月26日 15:25
★ヨーコさんへ
こちらにも書き込みありがとうございます!(*^^*)


そうですか〜。
ヨーコさんもハスキーのれきちゃんにだいぶゾッコンなんですね。
ハスキーは賢そうだし、長年一緒にいると絆もますます強くなりますよね。
わかるなぁ〜〜。

とても忙しそうですが、ヨーコさん充実してそうですね!
また遊びに行かせていただきますね!
あっ!ヨーコさん、私と同郷なんですか?
私は中通りで一番上に「こ」が付く市です。
どうぞ仲良くしてくださいませませ。
(*゜▽゜)ノ


Posted by るん。 at 2005年08月26日 23:35
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/50399

この記事へのトラックバック

ペットの骨と同居可の墓石も出現&ペット墓石
Excerpt: 近年、人間用の墓石内にペットの骨を入れても良い霊園や墓地が出現しています。この話に関心のある方は、霊園や墓地の管理事務所に問い合わせるか、霊園や墓地の利用規則を読んでください。私の場合は、10年生きた..
Weblog: 墓石@最新情報【墓石情報満載】
Tracked: 2007-01-06 12:11

犬、猫、小動物のためのペット霊園
Excerpt: 犬、猫、小動物のためのペット霊園
Weblog: 犬、猫、小動物のためのペット霊園
Tracked: 2007-04-09 21:19