2006年01月23日

さんきゅーちょこた。

昨日は入院中に仲良しになったお友達の家に遊びに行きました。

彼女は、うちの母のことを「るんさんのお母さん、面白くて楽しい!とにかく大好き!」と言ってくれた貴重な(?)お友達で、母の死こともすごく悲しんでくれて・・・

昨日はちょこたも連れて遊びに行ったのですが、ちょこたのこともすごくかわいがってくれて、

「かわい〜〜♪かわい〜〜♪」とキャーキャー騒いでくれて、ちょこたもとっても得意げでした。ww


なんかね、はっきりそう言われたわけではないけど、私の様子が思っていたよりも元気そうですごくホッとしたような感じでした。

ちょこたにも、

「ちょこたくん、るんさんを元気にしてくれてどうもありがとう!これからもるんさんのことをどうぞよろしくね!」と言ってくれて、私はちょっとジーーンとしてしまいました。。。。





話は変わりますが・・・




なんかね〜〜〜

今日はすごく嫌なことがあって・・・・

ぶっちゃけ、兄と電話で揉めてしまって。
帰りの車の中でも、お母さんがすごく恋しくなって涙が止まらなくなってしまって。

でも、家に帰って、ちょこたの大喜びの様子を見たら、自然と笑顔になっていつの間にか私笑ってた。


犬って不思議だ〜〜〜



私は、この辛く苦しい時を一緒に過ごして、私に笑顔を与えてくれたちょこたの存在の有難さを一生忘れないだろう。
決して忘れてはいけない。



ニックネーム るん at 23:26| Comment(27) | TrackBack(0) | ちょこた日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする