2005年12月19日

健気なちょこた。

今日改めて私がいない間のちょこたの様子を聞いていたのですが・・・

ちょこたは私の想像以上にヨイコだったようです。

ババさまが私の病院に来るたびにごとに留守番をしていたちょこたですが、出かける時に、

「ちょこた、ハウスに入って待っててね」

と声かけると、自らスタスタとハウスの中に入っていて、ババさまが帰って来るまでジッとハウスの中で待っていたんですって。

その様子があまりにも健気で涙を誘うので、私が手術の日も長時間ちょこたを一人にしておくのがかわいそうで、実の娘よりちょこたの方が心配で3時ころイソイソと帰宅したとのことです。


_| ̄|○



ババさまが自ら自白(!)したので間違いないです。


娘より、犬のちょこたが大事らしいです。



っつーか、まぁ、私でもそうすると思います。
手術も成功したし、死ぬようなことも無いと思ってイソイソと戻っていったんでしょうね。

昨日私がちょっと出かける時も、

「ちょこた、ハウスに入ってね」と声をかけたら、やっぱり一人でハウスの中に入っていきました。

「イイコだな」と思ったけど、やっぱり健気でちょっとかわいそうなんだよね。(;_;)
いっそのこと、「留守番いやだぁ!」と騒いだり後を追ってくれた方が気がラクなくらいです。

(;つД`)

こんなに上手にお留守番ができるようになって、言葉もちゃんと理解できて行動できるなんて、ちょこたも大人になったんだなぁ。。。
しみじみ・・・・。


kenage.jpg





ニックネーム るん at 22:45| Comment(15) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルニア闘病記はまだまだ続く。

なんだか暇すぎなので、「コルセット」の写真を撮ってみました。↓



korusetto1.jpg




このコルセット、手術前に私の体を採寸して私仕様に作ってもらった「マイ コルセット」で値段が、



25000円



もするんです。


。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン



でも、保険が効くようなので自己負担は3割です。

思わず病院にて電卓叩いて計算してしまった私。

3割の値段でも私にとっては高額ですよーー。
(-∀ー#)

しかも、お金が戻ってくるのは後だし。
高すぎだ〜。


でも、高いだけあるのかなんなのか、幅も広いし、これでガチガチに固めると、背中や腰、お腹のあたりが強力にサポートされる感じです。
このガチガチのマイ コルセットを1月か2月くらいまで装着していないといけないらしい。

理由はあまりはっきりとはわからないのですが、手術の際に、骨の周りの筋肉を切り取っているのでその補強・・・?

このコルセットをつけている間はオサレなお洋服なんかも着れなさそうだし、つまらないです。もうやだ〜(悲しい顔)



■おまけ■


入院二日目あたりで、まったく動けず、食事も寝たまま食べてオシッコの管も入れられていた最高に弱っていてブサイクな私の図。↓


byousyou.jpg


後から見るとかなり笑えるのですが、この時が一番辛くて、家族にも我がまま言いたい放題でした。
(x_x;)シュン

なぜ傍らに「週刊ポスト」があるかといいますと、

「何か週刊誌売店で買って来て!」とババさまに頼んだから、買って来たのが「週刊ポスト」だったんです。

まったくもー。
なんでよりによってこんなのを。

と、また病人のわがままがが出てしまった思い出が。









ニックネーム るん at 17:06| Comment(6) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする