2005年12月31日

大変お世話になりました。

もう少しで2005年が終わりますね。

そうだ。やっとやっと終わってくれる。
早く終わってくれ〜〜!
っていうのが本音です。
もちろん、2005年が終わったからと言って日常には何も変りはないでしょう。
だけど、とにかく、私は今年が嫌い。大嫌い。

今年一年、皆様方には大変お世話になりました。
入院や母の急逝もあり、すっかり犬ブログではなくなってしまったのが残念ですが、どんな時も皆さん、暖かいメッセージをどうもありがとう。

本来ならば、お一人お一人のところにお邪魔して、お礼を言わせていただかないといけないのですが、最近体調が悪く、また気力も無く、こちらで失礼させていただきます。


ちょこたは元気です。^^
母へのお供えものをつまみ食いしようとしたり、水を飲もうとしたりして、大変です。^^;;
来年はちょこたにも寂しい思いさせちゃうな。。。



どうぞ、来年もちょこた共々仲良くしてくださいね。



ニックネーム るん at 15:14| Comment(19) | TrackBack(0) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

お母さん!

みなさん、どうもありがとうございます。

正直にいいます。
すごく寂しい。
私もお母さんの後を追いたいとも思います。
なんで私だけ生きてるんだろう?と思います。
親離れ、子離れできていなかったから尚更なんだと思います。

世の中の人が笑っているのが不思議だし、なぜこんな不幸に見舞われなければならないのかもわかりません。

お母さん、大好き。
もっともっといっぱい親孝行したかった。
話もしたかった。
いっぱいっぱい「お母さん!」って声をかければよかった。
やさしくすればよかった。
「熱いお風呂は危ないから」と説明して、早朝の温泉など止めさせればよかった。
できれば、お嫁にいって幸せな姿を見せたかった。
孫の顔も見せたかった。
とにかく、もっともっとお母さんの健康を気遣って優しくすればよかった。

お母さんの顔が見たい。
また話をしたい。
お母さんの明るい笑顔を見たい。
お母さん、なんで私を置いて逝っちゃったの?
あんなにちょこたのこともかわいがっていたのにどうして?

私もちょこたもお父さんもお兄ちゃんも寂しくて辛いよ。
早すぎたよ。
もっともっと私達の側にいたかったでしょ?
どうして一人で逝っちゃったの?
私が心配かけたからかな。
手術のことでもいっぱい心配かけたし、退院してからも「ありがとう」ってちゃんと言わなかった。
ごめんなさい。
お母さん、ごめんなさい。いっぱい心配かけて優しくもしてあげられなかった。
許してください。


ニックネーム るん at 22:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

ちょこたが戻ってきました。

毎度毎度、独白みたいになってしまっていてごめんなさい。

お一人お一人にお返事をする余裕は無いのだけれど、みなさんの暖かいコメントのひとつひとつ、もちろん心に届いています。
ありがとうございます。

今日はちょこたがうちに戻ってきました。
まだまだ家のことは済んでいないのですが、友達の勧めもあって、昨日父親に「明日ちょこたを引き取ってきてもいい?」と聞いたら、父親も相当寂しかったらしく、「かわいそうだから早く連れてこよう」とのことだったので、今日早速電話してうちに連れてきてもらいました。

そしたらもう、ちょこたの喜びようったら。^^
家の中を走り回って興奮していましたよ〜。

驚いたのがオシッコとウンチ。
預かってもらっていたブリーダーさんのところではずっと我慢していたらしくて、これでもか!というくらいに家でおしっこしっぱなし。
あとうんちも大量に。^^;;
ブリーダーさんはちょこたの生みの親(?)だからもちろんちょこたも大好きなんだけど、やっぱり環境が変わるとおしっこまで我慢してしまうんだ、と驚き、そして仕方のない理由だったとはいえ、つくづくかわいそうなことをしたと思いました。
(しかし、あんなにオシッコを我慢しても犬って平気なんでしょうか?とにかく大量でした。)


ドッグフードも全然食べてなかったみたいで、家に帰って来てからガツガツ食べていましたよ〜。
ちょこがたあんなにガッツイてフードを食べるのって初めてみました。

ブリーダーさんは私と同じくらいの年齢の女性で、とても母と仲良しだったので、お焼香をしてもらってからしばらく母の思い出話をしたりしていました。

で、気になる質問を。
「犬って人間の死を理解するんでしょうか?いなくなって不安になったりしないでしょうか?」
と聞いたところ、
「お母さんはまだ家の中にいるので、ちょこたくんちゃんとお母さんが見えているのできっと寂しくないですよ」
とのこと。

もしかしたら、ちょこたには動物的勘でお母さんが見えているのかな。
私にはちっとも見えないのに。^^;;
幽霊でもオバケでも何でもいいからお母さんに会いたい。
でもお母さんの夢もみないし全然会えないんです。
なんでなんだろう??
あぁ。とにかくお母さんに会いたいな。


ちょこたですが、バーバがいないことはもちろん気がついてはいるのでしょうが、いまのところは特に変わりないです。
すごく不思議なんですが、うちの父(ジージ)にまとわりついて離れないんですよ。^^;;
今まではそんなことは全くなかったのにすごく不思議です。
ジージもババさまに変わってちょこたをかわいがるかわいがる。
やっぱり寂しいんだろうなぁ。
ちょこたを見て目を細めて「チョコ、チョコ!!」と可愛がっている様子を見てつくづく思いました。

やっぱり思い切って早めにちょこたを連れてきてもらってよかった。
これからは、ババさまの代わりに今まで以上にかわいがらないと。
ちょこたを相手にババさまの思い出話もいっぱいしますね。





ニックネーム るん at 21:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

ありがとう。

皆さん、心配してくださって本当にありがとうございます。
本当はお一人一人に感謝の気持ち表したいんだけど、それができなくてすみません。

今日は、私の親友が雪の中母の顔を見に来てくれて、今までの誰よりも母の顔をずっと見てくれて誰よりも泣いてくれて…
すごく嬉しかった。
私も友達の顔を見たら泣いちゃったけどでも嬉しかった。

明日の夕方、母は家を出てお通夜になり、明後日は告別式です。
棺の中にちょこたの写真を入れたくて印刷して、それと母に手紙を書いていたのね。そしたら書き終わるころ、小さい地震がしばらく続いて。
なんとなくだけど、お母さんが『一緒にいるからね』と言ってくれてるようだったの。
でもただの地震だったのかな?

それから、今の私はちょこたと仲良く暮らしていける自信が無いというか、怖いんです。
今はペットホテルに預かってもらってるんだけど、家に連れて戻って今までのように楽しくちょこたと生活できるのかな。
ちょこたのことをお母さん溺愛していて、私から見るともう母の形見のような存在で、見るたびに涙が出そうで今から辛い。
ちょこたもお母さんがいなくなったことを乗り越えられるのかな。
お母さんは、あんなにちょこたに留守番させるのを嫌がってたのにちょこたはこれから毎日留守番しないといけなくなっちゃう。
お母さんもちょこたのこと心配してるだろうな。


ニックネーム るん at 04:12| Comment(12) | TrackBack(0) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

守ってください。

今朝、うちのババさまが天国にいっちゃいました。心筋梗塞で私を置いて旅だっちゃった。
急なことに信じられません。
でもまだまだがんばらないといけないことがたくさんたくさんあります。
お母さん、私一生懸命にがんばるからあとちょっとだけ力をください。
涙いっぱいいっぱいでるんだけど、明日はお客様が来るから泣いてはいけないんでしょうか?
そんなことさえわからなくて、バカみたいな私がいる。

ニックネーム るん at 01:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

健気なちょこた。

今日改めて私がいない間のちょこたの様子を聞いていたのですが・・・

ちょこたは私の想像以上にヨイコだったようです。

ババさまが私の病院に来るたびにごとに留守番をしていたちょこたですが、出かける時に、

「ちょこた、ハウスに入って待っててね」

と声かけると、自らスタスタとハウスの中に入っていて、ババさまが帰って来るまでジッとハウスの中で待っていたんですって。

その様子があまりにも健気で涙を誘うので、私が手術の日も長時間ちょこたを一人にしておくのがかわいそうで、実の娘よりちょこたの方が心配で3時ころイソイソと帰宅したとのことです。


_| ̄|○



ババさまが自ら自白(!)したので間違いないです。


娘より、犬のちょこたが大事らしいです。



っつーか、まぁ、私でもそうすると思います。
手術も成功したし、死ぬようなことも無いと思ってイソイソと戻っていったんでしょうね。

昨日私がちょっと出かける時も、

「ちょこた、ハウスに入ってね」と声をかけたら、やっぱり一人でハウスの中に入っていきました。

「イイコだな」と思ったけど、やっぱり健気でちょっとかわいそうなんだよね。(;_;)
いっそのこと、「留守番いやだぁ!」と騒いだり後を追ってくれた方が気がラクなくらいです。

(;つД`)

こんなに上手にお留守番ができるようになって、言葉もちゃんと理解できて行動できるなんて、ちょこたも大人になったんだなぁ。。。
しみじみ・・・・。


kenage.jpg





ニックネーム るん at 22:45| Comment(15) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘルニア闘病記はまだまだ続く。

なんだか暇すぎなので、「コルセット」の写真を撮ってみました。↓



korusetto1.jpg




このコルセット、手術前に私の体を採寸して私仕様に作ってもらった「マイ コルセット」で値段が、



25000円



もするんです。


。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン



でも、保険が効くようなので自己負担は3割です。

思わず病院にて電卓叩いて計算してしまった私。

3割の値段でも私にとっては高額ですよーー。
(-∀ー#)

しかも、お金が戻ってくるのは後だし。
高すぎだ〜。


でも、高いだけあるのかなんなのか、幅も広いし、これでガチガチに固めると、背中や腰、お腹のあたりが強力にサポートされる感じです。
このガチガチのマイ コルセットを1月か2月くらいまで装着していないといけないらしい。

理由はあまりはっきりとはわからないのですが、手術の際に、骨の周りの筋肉を切り取っているのでその補強・・・?

このコルセットをつけている間はオサレなお洋服なんかも着れなさそうだし、つまらないです。もうやだ〜(悲しい顔)



■おまけ■


入院二日目あたりで、まったく動けず、食事も寝たまま食べてオシッコの管も入れられていた最高に弱っていてブサイクな私の図。↓


byousyou.jpg


後から見るとかなり笑えるのですが、この時が一番辛くて、家族にも我がまま言いたい放題でした。
(x_x;)シュン

なぜ傍らに「週刊ポスト」があるかといいますと、

「何か週刊誌売店で買って来て!」とババさまに頼んだから、買って来たのが「週刊ポスト」だったんです。

まったくもー。
なんでよりによってこんなのを。

と、また病人のわがままがが出てしまった思い出が。









ニックネーム るん at 17:06| Comment(6) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

ただいま!!!!!!!


たっだいま〜〜!(^○^)





みなさん、入院中は励ましのコメントどうもありがとうございました!

なかなかお返事できなくてすみませんでした。。。。

(携帯の充電器を過去にちょこたに壊されていて、通常はパソコンからUSBで充電していたのですが、入院してしまってからは「乾電池」での充電だったので、とにかくすぐに電池切れになってしまうのが悩みの種(?)でした。)





振り返ってみると、入院中は本当に「人」の「心のあたたかさ」を実感できた「貴重」な時間だったような気がします。
本当にみなさん、いつも暖かい励ましのメッセージをどうもありがとうございました。
(;_;)


これからちょっとずつ体力を回復させて、またいつものようにみなさんの所にも遊びに行かせていただきますので、どうぞ仲良くしてくださいね。顔(メロメロ)





そうそう!

ちょこたとの感動の再会(?)ですが・・・




なんと、ちょこたは私のことを忘れていました。






っというのは、冗談ですが・・・・



でも、私が想像していたよりもちょこたの感激度は少なかったような気もしないでもない・・・。
(´ヘ`;)



ウレションもしなかったし、部屋の中をグルグル走ったりもしなかった。。。。
_| ̄|○


でも、私に何度も何度も飛びついて顔をペロペロ舐めまくっていましたよん。黒ハート黒ハート



今日は、ちょこたとちょっとだけ散歩に行って、部屋の中を片付けていたらちょっと疲れてしまいました。
(;´д`)トホホ


まぁ、じょじょにやっていきます。

焦りは禁物ですよね??


今は、ちょこたは私の部屋で私にベッタリ。ハートたち(複数ハート)

イロイロな手を使って、ちょこたのハートを鷲づかみしてやろう。。。

(・∀・)ニヤニヤ







ニックネーム るん at 17:47| Comment(20) | TrackBack(0) | 雑文、ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

退院が見えてきた!

さっき抜糸をしました!これで明日からはお風呂に入れるそうです。
ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ
わーい!嬉しいな!
退院も、今週末か来週始めにはできると思う…。
ちょこたの笑顔にももうすぐ会えます!
ちょこた、私に約一ヶ月ぶりに再会するわけですが、どんな反応するかな?
今から楽しみです!

まさか…忘れてはいないよね…??


ニックネーム るん at 12:56| Comment(9) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

なんと!

もう退院の話しが出ています!
抜糸をしたら退院できるみたいで来週末には退院できるかもです!
ヾ(^Θ^*)ノ
なので今リハビリがんがんやっています。自分でできることは一生懸命体動かして何でもやってます。

入院生活にも光がやっと見えてきて、まわりの患者さんにも『前と表情が全然違う』とも言われました。確かに以前の私はすごく暗かった。
でも、手術を決断することは自分で悩んで決断しなくてはならなかったし、手術当日までも皆に応援してもらいながらも最後は自分一人で恐怖と戦わなければいけなかった。
特に、手術前にマーキングと称して先生に背中にガンガン針を打ち込まれた時は恐怖でどうにかなってしまいそうでした。
(/◇≦、)

今だから言えることだけど、いつも人に頼ってばかりの私にはよい経験だったかも。我慢力もついたし。
(^o^;

来年はもっともっと強く素敵な人間になれますように。
少し早いですが、皆さん、来年もどうぞよろしくお願いします!


ニックネーム るん at 20:52| Comment(18) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

みなさんありがとう!

みなさん、激励の言葉をたくさんありがとう!
手術が無事終わって、今日は歩行機を使ってあるくこともできました!
本当に医学の進歩はすごい!思っていたような傷の痛みもあまりありません。
もちろんヘルニアの痛みもゼロ。足先の痺れや麻痺だけ少し残っていますが、少しずつよくなっていくようです。

昨日は術後ということで二時間おきに看護師さんが血圧をはかりにきていたのでまったく寝てねぇだ〜
ひとまず終わってホッしています。
(^ー^)

あ!みきまめちゃんのブログのアド教えてね!必ず遊びに行きますよん!




ニックネーム るん at 22:05| Comment(12) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

前日

いよいよ明日なのに、なぜだかビネツが取れません。
顔も赤いから看護師さんが心配していたのですが、たぶん単なる『手術嫌々病』なんだなと自分で思う。
子供みたいだし、子供だって辛い治療に耐えているのに。

そうそう!今日はお通じがあったということで、カンチョウしなくてよくなりました。
それだけでもかなり気がラクになりました!

明日の難関は全身麻酔をかける前に、レントゲン写真見ながら手術する箇所に針をさすという恐ろしい儀式が残ってそれが怖いです。

針さしが終わってやっと全身麻酔なんだって。

もうおらはまな板の上の鯉じゃ
あとはうまくさばいておくれ、ドクターオザワ。
(vдv。)

そうそう、さっき母にダメだしの電話してきたら、やっぱり『付き添いはいつまで必要?目が覚めたら帰っていいんでしょ?』と自分が帰る時間ばかり気にしていますた。
(*´Θ`)




ニックネーム るん at 20:52| Comment(5) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想定内

明日の手術の付き添いは母がしてくれる予定なのですが…


やはり『ちょこたがかわいそう』と言う理由でさっさと帰ると断言されました。

もちろんちょこたも留守番かわいそうだけどさ…


おら〜複雑な心境だ〜
(;´д`)


ニックネーム るん at 09:58| Comment(7) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

ドクター オザワ

今日はコルセット屋さんが来て、術後につけるコルセットサイズを計っていったのですが、そのコルセット屋さんもドクターオザワに8時間もかかる大手術をうけたらしく…ドクターオザワはすごく腕がいいしすごく尊敬しています、みたいに絶賛していました。

ドクターオザワは私の主治医なんですが、いろいろあって私はドクターに嫌われてしまったようで。
まぁプロなんだから好き嫌いで手術の内容変えるわけではないでしょうが、ちと不安になった矢先の
ことてちょっと安心。
あとはキミに命を預けるよ。
(・_・、)
よろしくたのんだ!


ニックネーム るん at 21:18| Comment(10) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

室井ユヅキブログ

テレビのニュースで室井さんがすい臓の手術をしたと知り、なんだかとってもブログを見たくなってはなさんにわがまま言ってアド教えてもらいました。
はなさん、いつもありがとうね!


室井さんの手術すごく大変だったみたいです。
私みたいなヘルニア野郎とは桁が当然違うのですが、私もがんばらなくちゃと思いました。

でもさすがの室井さんも手術前日はすごく怖そうだった。
術後も、明るい口調で語ってはいるけど体調が辛いのは伝わってきます。

室井さんガンバレ!


私もノートパソコンがあればもっとおもしろい?闘病日記書けるのにな。

同じ病室のおばちゃん軍団、いやなヤツからとってもいい人やらいろいろでネタとしては最高だからもったいない!

(*´∀`)ノ笑笑






ニックネーム るん at 19:29| Comment(5) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂の城

友達がお見舞いに漫画『砂の城』を持ってきてくれました。
名作なんですよね?
すごーくよかったです。
あっというまにヨンジャッタ。やっぱり昔の名作はいいですね!
重い思いをして漫画やら本やら持ってきてくれた友達に感謝!


ニックネーム るん at 12:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘルニア闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする